妊婦さんのコロナ感染の特徴とワクチン接種すべき理由

妊婦健診

国内の妊婦さんのコロナ感染の特徴

・軽症ではなく、中等症になりやすい。また、重症化する事もある。

・家族内感染が多い。

国立成育医療研究センターと国立国際医療研究センター 国際感染症センター・AMR臨床リファレンスセンターの共同研究は、2020年1月~2021年4月までの間に登録された15歳以上~45歳未満女性のCOVID-19入院例4,006人(うち妊婦は254人、非妊婦は3,752人)を対象に実施しました。研究の結果、妊娠以外の背景をマッチさせた患者グループ(妊婦187人、非妊婦935人)を比較したところ、中等症から重症の患者の割合は妊婦グループ18人(9.6%)、非妊婦グループ46人(4.9%)と、妊婦グループの方の割合が高いことがわかりました。
また、妊婦における新型コロナウイルス感染症患者254人の患者背景を、軽症グループ224人、中等症から重症グループ30人に分けて比較したところ、中等症から重症グループに至った患者では何らかの基礎疾患がある、または妊娠中期(14週〜)以降の患者が多いことが判明しました。そのほか、妊婦の感染経路は家族からの感染が多いことがわかりました。

妊婦への新型コロナウイルスワクチン接種の努力義務の適用について

第6波が若年層を中心とする感染拡大状況が続いており、新型コロナウイルス感染妊婦をめぐり、各地域で周産期医療のひっ迫状態が続いております。一方、新型コロナウイルスワクチンは、日本国内の2021年、秋の調査では、8割近い妊婦が1回目、2回目接種を受け、現在、3回目追加接種が開始されています。

さらに母体、胎児への安全性に関する多くのエビデンスが集積されたことから、令和4年1月26日の同分科会において、妊婦に新型コロナウイルスワクチン接種の努力義務を課すことを決定しました。

・妊婦さんついては、新型コロナウイルスに感染した場合、重症化リスクが高いことを示唆する報告がある。

・妊婦さんに対する新型コロナワクチン接種については、高い有効性を示唆する報告があり、安全性に関する特段の懸念を示唆するエビデンスもない。

妊婦さんが新型コロナウイルスワクチン接種をすべき理由

乳児は母親から、胎盤と母乳を介して抗体を受け取ります。母親から与えられたこの受動免疫のおかげで、乳児が生後6カ月頃までは感染症にかかりにくいことはよく知られています。母乳がもたらすこのような保護効果は新型コロナウイルスに対しても例外ではなく、新型コロナウイルス感染症の罹患歴がある母親や新型コロナウイルスワクチンを接種した母親の母乳には、新型コロナウイルスに対する抗体が含まれていることが、過去の研究で明らかにされている。インフルエンザウイルスワクチン接種も妊婦さんは可能であり、同様に乳児への抗体の移行が期待できるとされています。

アメリカ・ノースウェスタン大学小児科教授のTina Tan氏は、「乳児の唾液中の抗体が、目や鼻から侵入したウイルスから身を守るのに役立つ可能性はある」と話しています。また同氏は、「新型コロナウイルスから身を守るための抗体を母親からその子へ移行させる最良の方法は、妊娠中に母親がワクチンを接種することだ。ワクチン接種により作られた抗体は、胎盤を介して胎児の血液に入り込む」として、妊婦のワクチン接種を勧めています。

まとめ

国内の新型コロナウイルス感染妊婦などの報告や学会でのワクチン接種推奨などを考慮すると、妊婦さんは中等症になりやすく重症化する事もあります。ワクチン接種により、生まれてくる子に抗体を与える恩恵を得られることから積極的にワクチン接種をしたほうが良いと思われます。

コメント

Twitter
Visit Us
Follow Me
Tweet
Instagram