つい食べてしまう科学的な理由|あなたのせいではありません

食習慣

脳が美味しいと感じてしまう

我々が食べるものの中の糖質は消化・吸収されブドウ糖に分解されます。このブドウ糖が脳の主なエネルギー源のために脳は糖質を欲してしまいます。元々、ヒトの進化の過程で甘いものを好むようにプログラミングされているわけです。
さらに、低血糖状態の脳からのシグナルは脳の報酬系を活性化してしまうことが分かっています。つまり、ドーパミン分泌が上昇してしまう(通常はドーパミン分泌は新しいものや珍しいものに出会った時に分泌されますが、甘い糖質はまれなのです)と、ヒトは気持ち良くなってしまうのです。ただ、この状態は長くは続かない為、また甘いものを脳は欲するようになります。
やや薬物乱用に近い状態になってしまうのです。いわゆる“糖質中毒”というヤツです。この“糖質中毒”になってしまうとなかなか意志の力では糖質制限をしても太刀打ちができなくなります。身体の司令塔である脳を糖分にハックされているので、つけ入るすきがありません。

脳は“エンプティカロリー”が大好き

エンプティカロリー(ジャンクフード・ファストフード・超加工食品・加工食品など)とは、栄養がスカスカで糖質と脂質がたっぷりで高カロリーなのに必要な栄養素が身体に満たされない栄養不足状態の食べ物のことです。我々の食欲を満たしてくれない(脳が栄養素が不足しているからもっと食べろと指令してくる)ので、これらの食品はエンドレスに食べ続けることができます。肥満の方の食事の約80-100%はこのエンプティカロリー食と言われていますので、ドーパミン報酬系が過剰に発動して糖質中毒に陥っているわけです。

恐怖の白い砂糖・果糖ブドウ糖液糖

精製された白い砂糖は甘いです。さらに果糖ブドウ糖液糖は激烈に甘いです。この甘いものを食べると我々の脳内にはドーパミンやβエンドルフィンが分泌されて一時的な快楽を得ます。そしてこのβエンドルフィンが甘いものを食べるとたくさん分泌され、精神活動や感情を麻痺させることがわかっています。さらに、ドーパミンの分泌の抑制が阻害されるため、甘いものを食べたいという欲がますます増加していきます。脳は糖質にハックされてしまいます。

食欲調整ホルモンが乱れる

基本的には2種類の食欲を調整してくれるホルモンがあり、普段はバランスをとってくれています。しかし、ストレス、睡眠不足などが原因でバランスが崩れるとドカ食いや過食にブレーキがかからなくなっていきます。

レプチン
食欲を抑えてくれるホルモン

睡眠時間が5時間未満の人は分泌が15.5%低下したという報告があります
BMIが22前後の方の内臓脂肪細胞からも分泌されて抗肥満作用を発揮すると言われています

グレリン
食欲を促進するホルモン

超加工食品ばかり食べていると、分泌が増加すると言われています
睡眠時間が5時間未満の方は、分泌が14.9%増加したという報告があります
肥満が進行するとレプチン抵抗性が高まりグレリンがさらに分泌されて過食はますます進行します

糖質中毒からの脱却方法

エンプティカロリー食をビタミン・ミネラルなど栄養素をきちんと含んだ食品へ置き換えてみましょう。全部を一気にするのではなく少しずつ置き変えていきましょう。短期間では“糖質中毒”を抜け出すことは出来ません。ある程度の時間がかかりますが、継続することで必ず脱却することができます。

精製された白い炭水化物を見直しましょう
白米➡玄米や雑穀米をブレンドしたもの
白いパン・惣菜パン・菓子パン➡全粒粉の茶色いパン
うどん・パスタ・ラーメン➡そば(可能なら十割そば)

スナック菓子を見直しましょう
スナック菓子➡素焼きミックスナッツ(可能なら食塩・植物油不使用のもの)・ハイカカオチョコレート

清涼飲料水を見直しましょう
果糖ブドウ糖液糖の入ったジュース➡ただの炭酸水・烏龍茶
缶コーヒー➡ブラックコーヒー・無糖紅茶

以上の食品へ置き換えていくと糖質中毒独特の食欲は減少していくと思います。しかし、週に1回ぐらいは“チートデイ”を作って甘いものを1つぐらいは召し上がってよいと思います。ストレスが溜まって来ると継続する事が困難になります。毎日体重測定もしていきましょう。

まとめ

“糖質中毒”はあなたのせいではありません
・脳が美味しいと感じてしまう
・脳は“エンプティカロリー”が大好き
・恐怖の白い砂糖・果糖ブドウ糖液糖
・食欲調整ホルモンが乱れる
・糖質中毒からの脱却方法

精製された白い炭水化物を見直しましょう
白米➡玄米や雑穀米をブレンドしたもの
白いパン・惣菜パン・菓子パン➡全粒粉の茶色いパン
うどん・パスタ・ラーメン➡そば(可能なら十割そば)
スナック菓子を見直しましょう
スナック菓子➡素焼きミックスナッツ(可能なら食塩・植物油不使用のもの)・ハイカカオチョコレート
清涼飲料水を見直しましょう
果糖ブドウ糖液糖の入ったジュース➡ただの炭酸水・烏龍茶
缶コーヒー➡ブラックコーヒー・無糖紅茶

関連記事

ぽっこりおなかを落とす食材9選|内臓脂肪について
体脂肪について体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。①皮下脂肪女性に多い傾向にありますさらに、閉経後の女性はエストロゲンの分泌が低下して内臓脂肪も付きやすくなります②内臓脂肪男性に多い傾向にあRead more...
食欲を抑える行動習慣|今日からできる11選
元来、我々ヒトには太らないような体重コントロールシステムが搭載されています。ホメオスタシス(恒常性)という強力なヒトの現状維持システムです。我々の体重だと、食欲と代謝でコントロールされています。今回はこの“食欲”をコントロールして肥満を予Read more...

食事療法ランキング

コメント

Twitter
Visit Us
Follow Me
Tweet
Instagram