【妊婦さんは歯周病になりやすい】|虫歯を放置してはいけない理由を解説

健康習慣

こんにちは。
川崎市立多摩病院産婦人科医師です。
本日は妊婦さんと歯周病における妊娠中の悪影響について触れたいと思います。
ご参考になれば、幸いです。

歯周病とは?

 

 

細菌の感染によって引き起こされる炎症疾患で、歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気です。

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が不十分だと、そこに多くの細菌が定着し歯肉の辺縁が炎症を起こして赤くなったり、腫れたりします。

痛みはほとんどの場合ありません。
さらに進行すると膿がでたり歯が動揺してグラグラしてきたり、最後には歯抜しなければならなくなってしまいます。

歯周病の原因は?

 

 

口腔内には約400~700種類の細菌がいます。
これらの細菌は普段はあまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖などの炭水化物を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を産生し、歯の表面に付着ます。

これを歯垢(プラーク)と言います。粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。この歯垢1mgの中には約10億個の細菌が住みついていると言われ、(齲歯)むし歯や歯周病をひき起こします。

その中でも歯周病をひき起こす細菌が多く存在しています。この歯垢の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。

歯垢は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周囲に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けていきます。

症状は?

 

 

1.口臭が気になる。周囲の人が気にする。
2.朝起きたら口の中がネバネバする。
3.歯みがき後に、毛先に血液が付着したり、すすいだ水に血液が混じることがある。4.歯肉が赤く腫れてきた。
5.歯肉が下がり、歯が長くなった気がする。
6.歯肉を押すと血や膿が出る。7.歯と歯の間に物が詰まりやすい。
8.歯が浮いたような気がする。
9.歯並びが変わった気がする。
10.歯がグラグラする気がする。

上記の1~10のうち、1つでも当てはまれば歯周病の可能性があります。早期に歯科医院を受診しましょう。

歯周病を悪化させる危険因子は?

 

まずは何といっても糖尿病です。なので妊婦さんでは妊娠糖尿病の方も、歯周病を治療することで血糖のコントロールが改善すると言われていますので妊娠中でも歯科治療をすすめます。

次いで、喫煙です。他には不規則な食生活、はぎしり、口呼吸の方、部分的に歯がない方、唾液が少ない方、あとはホルモンの影響などがあります。

特に女性ホルモンの増加は歯周病菌を増加させると言われています。

歯周病の妊婦さんへの悪影響とは?

 

◆早産のリスク◆
早産(妊娠37週未満の出産)をした女性は健常児を出産した女性に比べて歯周病にかかっている事が多かったのです。これまで何千人もの女性を対象に歯周病と早産が関連があるかどうか調べられてきました。

そして歯周病の人を治療すると早産の発生率を減少させることができるという事が分かったのです。これは本当に凄い報告でした。

2001年の論文では何千人もの患者さんを調べた結果、もしも歯周病に罹患している時と、罹患していない時に比べて早産する可能性が8倍高いという報告でした。2003年と2004年には他の調査も行われました。

その時は何割かの患者さんに歯周病の治療が行われました。そして分かったのは歯周病を治療することで早産を50%以上減少できたという事です。その後の追跡調査も世界中で行われています。

早産の原因の50%を占めるのが絨毛羊膜炎という子宮内感染です。残りの20~30%が破水になります。どちらも子宮の感染です。

ところが興味深いことに歯周病が起こっている人の病態と子宮内での感染の病態は似ているのです。

そして歯の悪い人に早産が起こりやすいというエビデンス(科学的根拠)も揃い始めたので脚光を浴びてきているのです。


歯周病に関わる7種類の歯周病菌というのが歯の根部に歯肉との間にプラークを作り生体と反応している間に生体がTNFとかIL1とか(共にサイトカインの一種)を作って血中に流れていきます。

歯周病になるとそれを防ごうとして免疫機能が働きます。つまり歯周組織の中で歯周病菌と免疫機能との間で激しい戦いが行われるのです。免疫機能はサイトカインという物質を作り出して炎症を抑制しようとします。

そのサイトカインが歯ぐきの血管から体内に流れ込み子宮に到達して子宮を刺激して早期の出産を促してしまうのではないかと考えられているのです。

これが歯周病で早産を引き起こすメカニズムです。


最近では入院中の妊婦さんの歯周病対策をしています。一般的な健康な何の問題のないお母さんの口腔中と比べてみると妊婦さんの口腔中は炎症があることが多いのです。

それが必ず早産に繋がるかというわけではありません。
特に切迫早産の妊婦さんについてです。そういう妊婦さんを対象とした歯周組織と健康状態の関係を調べてきました。

すると歯周組織の健康状態の悪い患者さんは切迫早産をし低出生体重児が生まれる確率が約5倍高い事が分かりました。その上、口腔内を清潔することによって早産の率が低下することが分かりました。

口腔内は歯周病に感染するとサイトカインが出てきます。

出産の時にはプロスタグランジン(ホルモンのような働きをする物質。子宮筋に対して強い収縮作用をもつ)のような出産を促す物質が出ますが、サイトカインがそのような働きをしてしまい出産のメカニズムを早く進めてしまい、早産に繋がると考えられています。

 

妊娠中に歯科医院へ行って治療して大丈夫なの?

 

大丈夫です。できれば妊娠中に歯科治療を受けてください。場合によっては鎮痛剤や抗生物質を処方されると思います。妊婦さんにも使用可能なお薬を処方してくれます。

消炎鎮痛剤・・・カロナール®(アセトアミノフェン)
抗生物質・・・セフェム系など

治療はどうするの?

・歯みがき指導
歯みがきは歯周治療の基本です。正しく磨ける人は意外に少ないようです。良い歯ブラシの選び方・持ち方・毛先の当て方・動かし方・力の入れ方など模型を使って指導します。また歯の汚れを赤く染め出して、磨き残しをチェックすることもあります。
・歯石の除去
超音波などを用いて歯石を破壊し水で洗い流す方法があり、大量の歯石も短時間で効率よく除去することができます。また先のとがった器具を用いて1本1本歯石を取っていく方法もあります。少し時間はかかりますが歯ぐきの中の小さな歯石も確認しながら取ることができます。
・歯周外科
麻酔して歯ぐきを開き、普通見えない深い場所や歯の間の歯石を取ります。またでこぼこした歯槽骨の形を整えたり、歯周ポケットを減らしたりして清掃しやすい環境にします。
健康保険の適応外になりますが、症例によってはある程度歯槽骨や歯ぐきを増やすことができる場合もあります(歯周組織再生療法)。手術で歯ぐきを開いたあと、歯の表面に再生誘導物質を塗ったり膜を置いたりすることにより歯周組織の再生を期待します。増殖した歯ぐきを切ったり、歯の根が露出した部分を新しい歯ぐきで覆ったりする手術もあります。
・咬み合わせの調整
咬み合わせが悪いと変な方向に力がかかり歯槽骨の吸収が進行しますので、咬み合わせのチェックや調整も行います。
・抜歯
歯周病が進行した歯をいつまでも置いておくと隣の歯まで悪影響することもありますので、歯を抜くことが必要な場合もあります。
・生活指導
たばこを吸うと歯周病が進行し、治療の効果も上がりにくいことが知られていますので、禁煙指導を行うこともあります。特に妊娠中の喫煙は胎児のみならず、歯周病の悪化にもつながります。妊娠前から禁煙しましょう。
・全身の健康管理
糖尿病などの全身疾患は歯周病を悪化させます。妊娠糖尿病の方は特に、歯周病がインスリンの働きを抑制するという報告もあるので、妊娠中でも歯科治療をすすめます。
・症状が強い場合の処置
痛みや腫れがひどい場合は、抗菌薬(抗生物質)を処方したり咬み合わせを弱くしたりして症状を和らげます。
・定期検査
歯周治療が終わったあとはメインテナンスに移行します。歯周病は容易に再発する病気なので定期的な管理が重要です。

 

まとめ

歯周病は妊娠中に悪化することが多いと言われています。早産の予防や妊娠糖尿病での血糖コントロールなど産科的側面からも是非妊娠中でも歯科治療をしましょう。
オススメの歯磨きgelとマウスウオッシュは下記のリンクをご参考ください。

参考リンク
日本臨床歯周病学会
厚生労働省:eヘルスネット
歯周病予防研究会
スポンサーリンク


健康と医療ランキング

コメント

Twitter
Visit Us
Follow Me
Tweet
Instagram