【気になる体重管理】妊婦健診中の上手な食事改善方法教えます。

妊婦健診

妊婦の皆さん、こんにちは!
多摩病院の産婦人科医です。妊婦の皆さんの中には妊婦健診中に体重の増加について、
先生に注意された方もいらっしゃると思います。

妊婦さんには出産までの適正増加体重があることをご存知でしょうか?

日本産科婦人科学会厚労省新たな指針を公表予定であることを最近発表しました。
以下に公表予定の妊娠中の適正増加体重を示します。

妊娠中の体重増加の上限は、
妊娠前の体重が元で決まります。国際的に認められている体格指数である
【BMI= 体重kg ÷ (身長m)² 】で算出できるので、自分の数値を把握しておきましょう。

■BMIの数値18.5未満:妊娠前の体重はやせ 体重増加の目安は12-15kg程度
■BMIの数値18.5~25未満:妊娠前の体重は標準 体重増加の目安は10-13kg程度
■BMIの数値25-30未満 :体重増加の目安は7-10kg程度
■BMIの数値30以上の場合:妊娠前の体重は肥満 体重増加の目安はおよそ5kg程度
(ただしBMIの25を大幅に超える場合は個別対応)

多くの妊婦さんはこの体重増加範囲内でおさまっています。中には、20kgを超えてしまう妊婦さんもいます。原因としては以下のことがあります。

■食べるものに炭水化物が非常に多い。
■子供の余り物も食べてしまう。
■つわりが強く、治ってきてから妊娠前よりもさらに食欲がでてきた。

こういう妊婦さんは体重20kg超えの予備軍なので、わたしは以下の方法で適正体重範囲内におさめられるようにアドバイスをしています。非常に簡単です。

■食事チェック表を毎日つけてもらう。
■体重計に毎日のってもらう。

これだけをやってもらっています。それぞれについてみていきましょう。

妊婦健診中に太らないようにする2つのこと

■食事チェック表を毎日つけてもらう。

・朝食、昼食、間食、夕食を隠さずに正直に書く。
・体重も毎日記載する。
毎回の妊婦健診の時に持参して先生にみせること。

★アドバイスすること

・主食を白米から玄米や雑穀米に変更して食べる量も減らす。
・パンも全粒粉パンにきりかえる。
・果物も過剰摂取しないようにする(果糖を多く含むものもある)。
・野菜を多く摂取する。
・動物性たんぱく質の摂取を減らして植物性たんぱく質を多くとる。
例えば、豆腐や納豆などは毎日食べてもよい。
・ラーメン、うどん、パスタを控える。
・ジャンクフードを控える。
・スナック菓子を控える。

■体重計に毎日のってもらう。
毎日体重を測定することで、ゲーム感覚で楽しくなってくる妊婦さんが多いです。
プラスαでは、軽めの散歩、ヨガ、ストレッチなどは取り入れてもいいと思います。

広告です

妊婦さんは運動で減量をすることはできません。

あくまでも、適度な軽めの運動です。
やはり、食生活の改善でいかに体重を増やし過ぎないかがポイントです。

以上のようなアドバイスを守って頂くと適正体重範囲内にほとんどの妊婦さんがおさまります。

妊婦さんの体重の増え過ぎの悪影響

妊婦さんの体重が増えすぎると、母体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。母体への影響としては、まず妊娠高血圧症候群(旧 妊娠中毒症)のリスクが高くなることが挙げられます。

過度な体重増加によって、むくみ、高血圧、タンパク尿の症状が出るリスクが高まります。また、妊娠糖尿病の影響で赤ちゃんの体重が4000gを越えると難産となる確率が高まります。

そのほか、微弱陣痛になりやすいため、なかなか分娩が進行しないなど、さまざまなリスクが挙がっています。妊娠高血圧症候群では、胎児の発育不全や通常よりも体重が少ない低出生体重児、常位胎盤早期剥離などのリスクが高まると言われています。

さらに悪い場合には、子宮内胎児死亡という、おなかの中の赤ちゃんが急に亡くなってしまう危険もあるのです。万が一を避けるために、できるだけ早く赤ちゃんを体外に出そうと帝王切開での出産が行われるケースもあります。

また妊娠糖尿病になると、赤ちゃんも高血糖になり、4000g以上の巨大児となってしまうことがあります。赤ちゃんに起こりうる合併症としては、新生児低血糖症、新生児低カルシウム血症、新生児多血症、新生児高ビリルビン血症(新生児黄疸)、先天奇形、胎児発育遅延、胎児仮死などが知られています。

妊婦さんの体重が増えないのも良くない?

妊婦さんの中には、『小さく生んで大きく育てる』みたいな考えをもってらっしゃる方もいると思います。でも、その考えは間違いです。日本で赤ちゃんの出生時の体重が減少傾向にあります。

妊娠中の女性が十分に体重を増やせていない可能性があると、日本産科婦人科学会は懸念しています。

特に2500グラム未満の「低出生体重児」の割合は、75年には全体の5・1%だったのですが、05年以降は9・5%前後で推移しています。経済協力開発機構(OECD)の18年のデータによると、加盟国の中でギリシャに次いで2番目に多いのです。

先進国では異例とも言える事態を受け、学会は低出生体重児を減らすことなどを目指し、妊娠中の女性が出産までに増やすべき体重について新たな指標の策定に乗り出しました。

日本は先進国の中でもやせ女性が多い。

適切な体重増加が赤ちゃんにとっても好ましいということになります。

最近の報告では”胎児期の環境が成長後の健康やさまざまな病気の発症に影響する”というDOHaD(Developmental Origins of Health and Disease)という考え方が提唱されています。

つまり、生まれたときに小さすぎたり大きすぎたりした場合には、その子が成長した後に肥満や糖尿病などの生活習慣病を発症するリスクが上がってしまうことが報告されています。

さらに、DOHaDによると数世代継承される可能性があるということです。
生まれた赤ちゃんが女の子なら、この子が将来出産したときにその子も将来、生活習慣病になるリスクが潜在しているということです。

どうだったでしょうか?

妊婦さんは体重が増え過ぎてもいけなし、逆に増えないのもいけないんですね。

体重増え過ぎの妊婦さんが多いので、参考にして頂ければと思います。

コロナ禍はまだまだ続きますが、妊婦の皆さん、頑張っていきましょう!

広告です

コメント

Twitter
Visit Us
Follow Me
Tweet
Instagram