3回目の新型コロナウイルスワクチン接種|抗体量17倍に

妊婦健診

3回目の新型コロナウイルスワクチン接種で抗体量が17倍に増加

新型コロナウイルスワクチンの3回目接種を受けた人の抗体の量が、接種前に比べて約17倍に増加したと発表されました。
また、副反応は2回目とほぼ同じ程度だったとの研究結果を発表しました。
研究結果を発表したのは、岡山県にある川崎医科大学小児科の中野貴司教授のグループです。

新型コロナウイルスワクチンの接種を3回受けた医療従事者ら790人についての研究結果です。新型コロナウイルスへの感染のしにくさを示す抗体の量を調べたところ、2回目の接種後から半年後には約15%にまで減少していました。

しかし、3回目の接種を受けた人の抗体の量は、接種前に比べ約17倍に増加していることがわかりました。

副反応はほとんどかわりません

3回目の新型コロナウイルスワクチン接種後の健康状態については、痛みや腫れ、発熱などの副反応は2回目と3回目でほとんど変わらないことがわかりました。

まとめ

3回目の新型コロナウイルスワクチン接種の効果と副反応について説明しました。
妊婦さんも是非、3回目の新型コロナウイルスワクチン接種をしましょう。
妊婦さんは家族内感染が多いですので、マスク装着、手洗い、手指消毒は継続しましょう。

関連記事

妊婦さんのコロナ感染の特徴とワクチン接種すべき理由
国内の妊婦さんのコロナ感染の特徴・軽症ではなく、中等症になりやすい。また、重症化する事もある。・家族内感染が多い。国立成育医療研究センターと国立国際医療研究センター 国際感染症センター・AMR臨Read more...
妊婦さんへの3回目のコロナワクチンの優先接種を要望|オミクロン変異株の猛威
諸外国の状況を踏まえると、妊婦さんはコロナワクチン接種をした方が良いイギリス・スコットランドでの約9万人の妊婦さんの調査結果イギリス2020年12月8日以降に妊娠した8万7694人の内、2021年1Read more...

妊娠・出産ランキング

コメント

Twitter
Visit Us
Follow Me
Tweet
Instagram