妊婦さんへの3回目のコロナワクチンの優先接種を要望|オミクロン変異株の猛威

妊婦健診

諸外国の状況を踏まえると、妊婦さんはコロナワクチン接種をした方が良い

イギリス・スコットランドでの約9万人の妊婦さんの調査結果


イギリス

2020年12月8日以降に妊娠した8万7694人の内、2021年10月までに新型コロナウイルスワクチン接種を1回でも済ませた妊婦さんは1万8457人の約20%に過ぎませんでした。その10月に2回の新型コロナウイルスワクチン接種を済ませて出産に至った妊婦さんは、4064人中1311人の32.3%でした。

スコットランド

2021年10月31日までに、18-44歳の女性の77.4%が新型コロナウイルスワクチン接種を2回接種済みとなっていました。
しかし、スコットランドの妊婦さんの内、新型コロナウイルス感染開始から日が浅い間(28日以内)に出産した620人中14人の胎児や新生児が死亡し、それらの死亡のすべては新型コロナウイルス感染判明時にワクチンを接種していなかった妊婦さんに生じていました。

また、妊娠中に新型コロナウイルスに感染して集中治療が必要になった妊婦さんのほぼ全員98%がワクチン非接種でした。また、入院が必要になった新型コロナウイルス感染妊婦さんもほとんど(91%)がワクチン非接種でした。

アメリカ

新型コロナウイルスワクチン接種がまだ普及していない頃のアメリカの妊婦さん2万人近く(1万8,335人)が調べられ、それらワクチン非接種の妊婦さんの新型コロナウイルス感染は早産、死産、普通より小さな赤ちゃんの出産に、より陥りやすいことが関連していました。

妊婦さんも積極的にワクチン接種をしたほうが良い

現在、世界中からデータが集積し、妊婦さんの新型コロナウイルスワクチン接種の効果は妊娠していない人と概ね同様なことが示唆されています。スコットランドでの試験でも予防効果が裏付けられており、新型コロナウイルス感染妊婦さんにワクチン接種済みの妊婦さんはほとんどおらず、11%ほどです。感染の大半(77.4%)は感染発生時点でワクチン非接種の妊婦さんに生じていました。

それに、新型コロナウイルスワクチンの臨床試験参加中に図らずも妊娠した女性のデータや接種の普及で蓄積したデータで妊婦さんへの接種の安全性に心配はなさそうなことが今や判明しています。スコットランドの試験でも同様で、接種妊婦さん全般や出産前の28日以内に接種した妊婦さんの周産期死亡や早産は幸いにも増えておらず、妊婦さんと一般の方と大差ありませんでした。
参考文献

まとめ

日本でも、オミクロン変異株の猛威で、感染者が急増しています。日本産科婦人科学会でも、妊婦さんへの3回目の新型コロナウイルスワクチンの優先接種の要望書を厚生労働省健康局に提出しています。以下の記事もご参照ください。

妊婦さんへのオミクロン変異株について|感染予防・ワクチン接種・治療
妊婦さんは“感染予防”がやはり重要第 6 波の中心となるオミクロン株の妊婦への影響等についてはまだ十分な情報が得られておりませんが、従来の情報(妊娠中は重症化リスクするリスクがあり、特に高齢、肥満、喫煙、高血圧、糖尿病、ぜRead more...
第2波から4波までのコロナ感染妊婦調査のまとめ
日本のコロナ感染妊婦の状況について日本産婦人科医会が公表しました、わが国の分娩取り扱い施設における新型コロナウイルス感染症についての実態調査2021年度版をまとめてみましたので、第6波に備えてご参照ください。2020年7月Read more...
これまでの日本の妊婦さんへのコロナワクチン接種後の状況について
日本産科婦人科学会が妊婦さん6576人を対象に実施した新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)ワクチン接種に関するアンケート結果を公表しましたので、まとめてみました。今後の第6波に備えてご参照ください。妊婦さんへのワクチRead more...

妊娠・出産ランキング

コメント

Twitter
Visit Us
Follow Me
Tweet
Instagram